セラミド美容液・キャッチコピー

セラミドが不足するとどうなる?

セラミドは、角質細胞同士をくっつける脂質の1種で、肌の新陳代謝の過程で作られます。
もっとも新陳代謝の活発な赤ちゃんの時期をピークに、年齢とともにセラミドが作られる量は急激に減少してきます。

セラミドが不足すると、角質細胞の間にすきまが発生します。
そうなると、紫外線やほこりなどの外部刺激が肌の奥まで侵入し、 肌にダメージを与えることになります。
ふだん使っている化粧水がピリピリして使えなくなってしまったというような場合、
セラミド不足から肌あれを起こし、肌が過敏になっているためかもしれません。

またセラミド不足は、肌の乾燥を引き起こします。角質層に蓄えられている、
肌の内側から湧き出る水分はふっくらみずみずしい肌には欠かせないものです。
しかし、セラミドが不足すると、角質層のすきまを通って、この大切な水分が蒸発してしまいます。

肌は乾燥すると、硬くなり、皮膚が厚くなってきます。
これは、表皮のいちばん外側にある角層が、それまで角質細胞が担っていた
バリア機能を肩代わりするために、厚みを増していくためです。
角質細胞は十分に成長しない状態なのに、どんどん表面にでてきて、角層を構成していきます。そうなるとさらに角質細胞部分の保湿機能が不足することになり、悪循環に陥ってしまいます。

そして、このごわごわした角層は、柔軟性がないため、しわやたるみが生じやすくなります。さらに角層が厚みをますと、肌の色が暗くなり、全体的にくすんだ肌になります。

セラミド特集1 セラミド特集 敏感肌
敏感肌・アトピー肌で悩コスメ選びも困っているという人も多いので?新登場の敏感肌専門コスメが注目です。
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
実はセラミドにはいろんなタイプがあることを知っていますか?乾燥シーズンに選ぶなら保湿力の高いタイプを!
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
安くてもすぐに再購入。そんなコスメ選んでいませんか?狙い目は長く使い続けられるタイプがおススメです。
→ 詳細はこちら

このページの先頭へ