セラミド美容液・キャッチコピー

どうしてセラミドが必要なの?

赤ちゃんのほっぺはぷるぷるです。赤ちゃんの肌はどこをとっても、ほんとうにうらやましいほどに、ふっくらみずみずしい肌です。それは、赤ちゃんの肌にはセラミドがたっぷり含まれているからなのです。

体内で生成されるセラミドは、新陳代謝のときに生成されます。
赤ちゃんは新陳代謝が活発ですから、代謝とともに生成されるセラミドもたっぷりです。
角質細胞の間はすきまなくセラミドによって埋められています。これによって、角質細胞内の水分はしっかりキープされ、外部刺激からをブロックして、柔肌をしっかりガードしているのです。

セラミドは、角質細胞間脂質の1種で、コレステロールのような油脂から作られます。
水と油が、反発しあうもののたとえとして使えわれるように、本来は水と脂質は結合しません。

しかし、セラミドはちょっと変わった特性をもつ脂質で、水と親和性が高く、結合しやすい性質を持っています。そして、一度セラミドと結合した水は、湿度が0%になっても蒸発することなく、気温がマイナス20℃まで低下しても凍結することがありません。つまり、どんな過酷な環境下でも、セラミドさえ十分ならば、外部刺激に過剰反応しない肌、うるおいのある健康な肌を保つことができるわけです。

年齢とともに乾燥がちになってしまった肌も、セラミドをたっぷり補うことができれば、
保湿機能とバリア機能がよみがえります。つまり、もう一度、赤ちゃん肌を取り戻すことも夢ではないのです。

セラミド特集1 セラミド特集 敏感肌
敏感肌・アトピー肌で悩コスメ選びも困っているという人も多いので?新登場の敏感肌専門コスメが注目です。
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
実はセラミドにはいろんなタイプがあることを知っていますか?乾燥シーズンに選ぶなら保湿力の高いタイプを!
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
安くてもすぐに再購入。そんなコスメ選んでいませんか?狙い目は長く使い続けられるタイプがおススメです。
→ 詳細はこちら

このページの先頭へ