セラミド美容液・キャッチコピー

セラミドにはどんな種類があるの?

セラミドは体内で作られるセラミドですが、現在では、人工的にセラミドを生成することができるようになりました。化粧品などに保湿成分として配合されているセラミドには、大きく分けて「ヒト型セラミド」と「非ヒト型セラミド」があります。

ヒト型セラミドは、体内で生成されるセラミドとまったく同じ構造を持つセラミドを人工的に生成したものです。 本来のセラミドと同じ構造ですから、肌への吸収がよく、肌内部でも体内セラミド同様、角質細胞間のすきまに入り込み、細胞をしっかり結びつけ、保湿機能とバリア機能を発揮します。ただし、ヒト型セラミドの生成には手間とコストがかかるため、ヒト型セラミドが配合されている化粧品は高価なものが多い傾向にあります。

非ヒト型セラミドには、「動物型セラミド」、「植物型セラミド」、「疑似セラミド」があります。
動物型セラミドと植物型セラミドは、人工的に生成したものではないため、「天然セラミド」と呼ばれることもあります。

動物性セラミドは、馬や豚などの動物から採取したセラミドです。
ヒト型セラミドとは、その構造は異なりますが、同じ哺乳類のセラミドであるため、親和力は高いとされます。非ヒト型セラミドの中では高価なもので、動物性セラミド配合の化粧品はそれほど多くありません。

セラミドを含む食品には、大豆、米、麦、こんにゃくなど、さまざまなものがあります。
植物性セラミドはこれらから、セラミドを抽出したもので、セラミドに糖が結合した分子構造になっています。
動物性セラミドよりも安価ですが、小麦由来のセラミドは、植物性セラミドの中では比較的高価です。

疑似セラミドは、形の異なる異性体の混合物を使って人工的に生成された、セラミドと似た構造をもつものです。大量生産が可能であるため、安価に生成することができます。

セラミド特集1 セラミド特集 敏感肌
敏感肌・アトピー肌で悩コスメ選びも困っているという人も多いので?新登場の敏感肌専門コスメが注目です。
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
実はセラミドにはいろんなタイプがあることを知っていますか?乾燥シーズンに選ぶなら保湿力の高いタイプを!
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
安くてもすぐに再購入。そんなコスメ選んでいませんか?狙い目は長く使い続けられるタイプがおススメです。
→ 詳細はこちら

このページの先頭へ