セラミド美容液・キャッチコピー

肌が潤う仕組みとは?

デパートの化粧品売り場などに行くと、肌センサーで肌の状態をチェックし、キメ、水分量などから肌年齢を算定するサービスをしてくれることがあります。肌が乾燥しているときにチェックすると、肌年齢は確実に高くなります。つまり、潤いのある肌=若い肌なのです。

では、潤いのある肌を保つにはどうしたらよいのでしょうか。潤いのある肌に必要なのは、水分です。保湿こそ、若々しい肌実現のための必須条件です。

保湿が必要というと、保湿成分の入ったローションや美容液、マスクなどを思い浮かべ、外から有効成分を取り入れればよいと思われるかもしれません。確かに、不足する有効成分を取り入れることは保湿のために役立ちますが、もっと重要なのは、肌の内側の潤いを保つことです。

肌は、表皮部分と真皮部分に分かれます。表皮部分は、肌表面の角層、その内側の角質細胞、角質細胞を生み出す基底層の3つの部分からなります。肌の潤いをコントロールするのは、表皮部分の中心をなす角質細胞部分です。角質細胞の細胞間にはセラミドなどの脂質が入り込み、接着剤の役割を果たしています。セラミドは水分と結合しやすい性質をもつため、体内で生成された水分を結合して保持してくれます。また、角質細胞間にすきまなくセラミドがあると、保持された水分が蒸発されるのを防いでくれます。セラミドが十分に存在していれば、肌は保湿機能とバリア機能を同時に果たすことができるため、いつも潤いのある肌を保つことができるのです。

セラミド特集1 セラミド特集 敏感肌
敏感肌・アトピー肌で悩コスメ選びも困っているという人も多いので?新登場の敏感肌専門コスメが注目です。
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
実はセラミドにはいろんなタイプがあることを知っていますか?乾燥シーズンに選ぶなら保湿力の高いタイプを!
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
安くてもすぐに再購入。そんなコスメ選んでいませんか?狙い目は長く使い続けられるタイプがおススメです。
→ 詳細はこちら

このページの先頭へ