セラミド美容液・キャッチコピー

化粧水=保湿ではない

乾燥した肌に、潤いを与えるためのミストタイプの化粧水があります。メイクの上からでも手軽に使えるため大変便利ですが、果たして、与えられた水分は、どれくらい肌に浸透しているのでしょうか。

また、肌が乾燥したと感じたとき、私たちは化粧水を2度つけしたり、保湿成分たっぷりのフェイスマスクをしたりします。この直後は、肌表面には水分がたっぷりありで、すっかりプルプルの肌になった気になります。これは、本当に保湿に効果があるのでしょうか。

そもそも肌には、バリア機能があり、外部から侵入しようとする異物をブロックする働きがあります。化粧水のほとんどは水分で、皮膚は外部から侵入しようとする水分も「異物」とみなすため、届いてほしい角質細胞部分までは浸透せず、せいぜいその外側の角層部分までです。表面に留まった水分は、時間が経つと蒸発してしまうため、肌の保湿にはほとんど役に立ちません。

そのため、化粧水やフェイスマスクをつけた直後の肌は、表面だけに水分が溢れているだけなのです。表面にたっぷり水分があるということは、肌の奥まで浸透していかないということを意味しています。

保湿とは化粧水などによって外から水分を補うことではなく、肌の内部にある水分をキープすることなのです。つまり、水分よりも水分を保持するセラミドが十分にあることが重要なポイントです。年齢とともに、急激に減少するセラミドを補うことが、保湿にとって最も大切です。すなわち、化粧水≠保湿であり、セラミド=保湿なのです。

セラミド特集1 セラミド特集 敏感肌
敏感肌・アトピー肌で悩コスメ選びも困っているという人も多いので?新登場の敏感肌専門コスメが注目です。
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
実はセラミドにはいろんなタイプがあることを知っていますか?乾燥シーズンに選ぶなら保湿力の高いタイプを!
→ 詳細はこちら
セラミド特集1
安くてもすぐに再購入。そんなコスメ選んでいませんか?狙い目は長く使い続けられるタイプがおススメです。
→ 詳細はこちら

このページの先頭へ